sample-boot-fitting-02

スキーブーツフィッティング談話

ブーツフィッティングの重要性をバックリー氏は語る。

一般的に一度スキーブーツをカスタマイズした人は、絶対に後悔しません。 彼らにスキー旅行に行く際に必ず持っていくものを尋ねると、全ての人が口を揃えて”自分のスキーブーツ!”と答えることでしょう。

個々に合わせてカスタマイズされたスキーブーツはイメージ通りの滑りを実現してくれます。あらゆる地形の凹凸を感じ取ることが出来、瞬時に思い通りのエッジを切ることは出来るでしょう。それは、どんなに困難なトレイルにも自信を持ってチャレンジ出来るようになることを意味します。そうゆう意味で、スキー上級者は、ほとんどの方が自分のブーツを所有しているでしょう。

数千ものブーツフィッティングを行なってきた経験から見ると、ほとんどの人が抱えている問題はとてもシンプルなものです。それは、ブーツのサイズや形状が自分の足に合っていないか、もしくはスキーヤーの足の形状や状態がユニークなために正しいブーツカスタマイズが必要か、のどちらかでしょう。

初心者や中級レベルのスキーヤーにおいては、特にブーツの履き心地ひとつで技術の伸びが左右されます。インストラクターからレッスン中ずっと”膝を曲げて”や”板を揃えて”言われ、高速スピードのスキー板の上で氷水に足をつっこんだようなブーツを履きながら必死にバランスを取ることに、ひたすら体力を費やしているだけで楽しむことを知らずにいます。また、多くの人はスキーブーツの価格に驚かれます。たしかに格安ではありません。けれども、スキー旅行に関わる航空代、宿泊料、リフト券、娯楽などの旅行費用から比べれば、ブーツは一つの投資と考えられるでしょう。お気に入りのブーツを手に入れることで何シーズンもスキーを楽しむことが出来るのですから。

スキーの技術をあげることにも勝らず、自分自身にあったブーツを手に入れることは、一日中快適に滑る為に重要でしょう。